板橋泉教会について

板橋泉教会とはどんな教会なのか、ご紹介いたします!

ごあいさつ

ようこそ、板橋泉教会のホームページにおいでくださいました。
私は、牧師の渡邊義明(わたなべ よしあき)と申します。
恵み深い神の助けと導きにより、ここ板橋泉教会の牧師をすることになり、聖書に示されている神をお伝えしています。これをご覧になっているあなたに出会いたら幸いです。

牧師 渡邊義明

牧師紹介

渡邊 義明 (わたなべ・よしあき)

1967年10月15日生まれ。
20代の頃、人生に迷い、悩み、バックパッカーになるが、やがて鬱になる。
自殺念慮に囚われていた危機の時、クリスチャン作家の本を通して聖書の言葉に出会い、すがるように神に祈ったとき、神の存在を知った。それからしばらくして日本に帰り、紆余曲折ありながらも2011年JTJ宣教神学校を卒業し、同年、夫人と共に単立教会の牧師になる。2012年より板橋泉教会に赴任し、〜2016年、日本基督教団の牧師となり、現在に至る。
夫人は、ゴスペルソプラノ歌手 エステルあきこ。

沿革

1952年 4月13日 日本基督教団志村清水基督教会発足(イースター)
※戦後の混乱の中、中国より戻ってきた佐藤民太牧師によって教会活動が始まりました。平屋の教会にはぎっしり人が集まって、神のみことばに聞き入っていました。佐藤敬子夫人は中学校の音楽教師をしながら、日曜日には子供や青年に精力的に関わってこられました。特に音楽を通して伝道活動が広がってゆきました。
1985年 12月13日 佐藤民太牧師召天(99歳)
1987年 4月23日 教会解散承認申請
1992年 7月18日 志村清水基督教会献堂式 (佐藤敬子姉宅新築完成式)
司式:藤原位憲牧師
7月19日 単立清水志村教会として礼拝再会
協力牧師:中嶋正昭牧師・藤原位憲牧師・伊集院虎雄牧師・今駒康成牧師・山内誠牧師
1993年 礼拝再会1周年記念ミニコンサート
2003年 10月12日 佐藤敬子姉 召天(95歳) 
※佐藤敬子姉は中学の音楽教師をしながら、日曜日には子供や青年に精力的にかかわってこられました。特に音楽(讃美歌クワイヤーとピアノ教室)を通して伝道活動が広がってゆきました。
2006年 3月29日 日本キリスト教団に加盟 「志村清水伝道所」として、新たな一歩を踏み出す。
協力牧師:千原 創牧師・山田喬夫牧師
5月21日 「志村清水教会」開設式
主任担任教師就任:勝山健一郎牧師
10月1日 教会名を「板橋泉教会」と改称
2008年 4月1日 主任担任教師:石丸泰樹牧師就任 (~2009年3月)
主任担任教師:温井豊牧師就任 (2009年4月~2010年3月)
2013年 7月 伝道師:渡邊義明伝道師就任 
協力牧師:勝山健一郎牧師・山田喬夫牧師・細川良枝牧師・堀之内 豊牧師
2016年 6月 板橋泉教会設立10周年記念感謝礼拝。渡邊義明牧師就任式
単立「天の国キリスト教会」が教会転籍により共に集うようになる